自動書記 山下美樹公式ブログ 〜裸の魂とつながる〜

menu

プロフィール

■第5章/チャネラーへの歩み

「美樹ちゃん、そろそろチャネリングできるかもしれないから
 今からやってみなさい」

・・・川上先生から唐突に言われて、驚いたのは
14年前・・25歳の時でした。

当時、私は「自己変革」のために
川上先生の “ソウルヒーリング” を受けていました。

 <注>ソウルヒーリングとは、精神統一(ヨガの瞑想状態)から、
   意識を過去へと退行させ、潜在意識下に埋もれたトラウマを
   癒していくもので、果ては前世から宇宙意識、至純意識へと
   つながることも可能になります。>

私は「幼少時のトラウマ」や、「母胎内の傷つき」を癒してもらううちに・・
シャリーマクレーンの本で憧れていた
「前世の記憶」を回想することが、普通にできるようになっていました。

「自分の潜在意識のトラウマや、母胎内、前世、宇宙時代の意識」を
感じとる超感覚が身についてきたからです。

<ソウルヒーリングが、どのように進んできたのかというと・・>

初めの頃は、幼い頃の潜在意識のトラウマが表出してきました。
だんだんと・・お母さんのお腹の中 (母胎内) にまで記憶が甦り・・
そのうち・・前世の記憶が具体的に思い出されるようになってきました。

川上先生は、
超感覚意識(第六感)を養って、なおかつ自分の魂の癒しを勧めると
「人の前世までも観想できるチャネリングの能力」が開花される・・と言うのです。

実際、川上先生のソウルヒーリングを受けて、
チャネリングが出来るようになったお弟子さん達が何人かいました。
ただ、私とは無縁の世界で、「すごいな~」と他人事のように思っていました。

私は、チャネラーに「なれる」とも、「なりたい」思っていませんでした。

私が初めの頃、体験した前世は、意外にも不幸なものが多くありました。
おそらく、幸せな時期もあったのでしょうが、
ソウルヒーリングでは、<癒し>が目的とされるため・・・
自然と 「トラブルがあった箇所」 にトリップします。

前世の苦しみ、恐怖、不安などを川上先生のヒーリングによって
解放していただくのですが、

甦ってきた前世の出来事は、どれも少なからず今世の自分に影響していました。
「前世」を癒すと、「今世の生き方」が好転する・・という理由がそこにあります。

(以下は、私が体験した前世のほんの一部ですが、
 今世と比較するとナルホド!と思う点がいくつもあります。)

①200年前、日本の侍。
   夕暮れ時に背後から闇討ちに遭い、刀で腹部を刺される。
   ( 高校生の時から始まった過敏性腸症候群と便秘が治る。 )

②フランスの猟師。
   狼に左わき腹を噛まれて大怪我をする。
   (子供の頃から、犬が異常に怖かった。犬を見ると何故か
   「絶対に噛まれる!」と思いこみ、逃げ回る。
    犬=狼?・・この前世を癒してもらった後、犬に触れるようになった。)

③ヨーロッパ。戦乱の時代に生まれた3歳の女の子。
   多くの人が争う様子が目に焼きつき、
   恐怖心いっぱいのまま戦死した。
   (とにかく怖がりだった。戦争映画、血なまぐさい争いのシーンがある
    映画が大嫌いだった。しかし、前世の恐怖心を癒しもらうと
    怖くなくなった。)

川上先生曰く・・
「美樹ちゃんは自動書記をたくさんするから、
 チャネラーに向いていると思った」・・ とのこと。

自分では、浮かんできたことを素直に表現しているだけで
特別、直感が優れているとは思っていませんでした。

先生は、戸惑う私をいざなうように座らせて・・
「今から、美樹ちゃんがチャネリングするから、みんな集まりなさ~い。」と
声をかけ始めました。
周りにいたヨガの生徒さん達がワラワラと集まります。

その中の一人・・・50歳程の女性に先生は声をかけました。
「あなたが受けてみなさい。」

7~8人のギャラリーに囲まれた私は
とうとう、やらずにおれぬ状況に追い込まれてしまいました。

ここで説明しておきたいのですが・・

私には、生まれつきの“霊感” はありません。
元々“直感” が優れていたわけでもなく
“宇宙の精霊 との交信”の類もできません。

通常、チャネリングと言われるものは、霊感を持つチャネラーが媒体なって
どこの誰ともわからぬ霊的な存在からメッセージを受け取る類が多いようです。

しかし、「川上式ソウルチャネリング」 は
宇宙の精霊や霊的な意識と交信するものではなく、
「クライアントの魂からのメッセージ」を伝えることに特徴があります。

クンダリニーヨガの実践ゆえに
超感覚意識(第六観・シックスセンス)を身につけていきます。

・・・・というわけで
スッカリお膳立てが整い、私の『初チャネリング』は始まりました。

ス~、ハ~、ス~、ハ~。
呼吸を整えて集中すること2、3分・・。
私は、握っている女性の手から伝わってくるイメージに集中しました。

すると・・・
50歳だったはずの女性が、私の中で「小さな女の子」に変わっていきました。

「何歳ぐらいだろう?」・・集中していると、「2歳」と浮かぶ。
「2歳の時、何かあったの?」・・イメージをさらに進めてみると・・・。
すると、お母さんのような女性が浮かんできて
その人と離れ離れになってしまう寂しさや不安が伝わってきました。

思いきって書いてみることにしました・・。
『 あなたの魂は、2歳で魂が止まっています。
お母さんと離れ離れになるさみしさや不安が
伝わってきます。いつもお母さんの事を心配して
育ちました。それが大人になってもトラウマとして残り、
心配症な性格になったようです・・・。』

   

チャネリング終了後・・

「一応、感じたことを書いたけれど、本当だろうか?」
内心、不安でした。
しかし、その女性が感慨深げな表情で「当たってます・・」と言ったのです。
その後、長いこと忘れていた幼少時の記憶を
ポツリポツリと語りだしました。

「2歳の時、私は養女に出されたのです。
会えない母が恋しくて、いつも心配でした。
もらわれ先ではうまく甘えられず、寂しかった・・。
だから、きっと2歳で魂が止まっているのでしょう。
すぐに心配する性格も、幼い頃の不安が原因なのですね。」

「そうだったのか・・」
その場にいたみんなが、シンミリと聞いていました。
養女に出されたことは、わかりませんでしたが
ひとまず当たっていないわけではなかったようです。

その時です!
川上先生がニッコリ笑い、とんでもないことを言い出しました。

「みきちゃん!
 もうチャネリングできるから、明日からやりなさい」えっ・・・?明日から・・・????
ちょっと待ってぇぇ~!!!
「今のは、たまたま当たっただけでぇ・・・。次も当たるって保証はないしぃ・・。
 もし出来なかったらどうするのぉ~?」
 様々な不安がよぎります。

そんな私をよそに、先生は早速宣伝を始めました。
「みんな~!美樹ちゃんがチャネリングできるようになったから
 どんどん受けなさ~い。」

あぁぁぁ~~。

先生の宣伝効果は絶大である・・・。
翌日から早速
「美樹先生のチャネリングをお願いします」という
 予約が入りだしました。

私はこれを・・
「ライオンのお母さんに、崖から突き落とされた子ライオン」
 と表現することにしました。

そう・・。
まだ何もできない私を、川上先生は崖の上から突き落とし、
「自分で上がって来い」と言ったのです。

「ウソでしょう~?」
「大丈夫?本当に出来るの?」
不安と日々格闘しながら・・・それでも川上先生の言葉を信じて・・・

「先生ができると言うのなら、やってみます」
の覚悟で、お母さん(お父さん?)ライオンの洗礼を
ありがたく受けることにしたのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

P.S.

私の公式メルマガはこちらから!!

1

LINE@はこちら♪
より近い距離でコミュニケーションできます^^


関連記事

  1. プロフィール

    ■第2章/シャリーマクレーン著「アウト・オン・ア・リム」

    私が、なぜ「自分探し」の手段に 「ヨガ」を選んだのか?今でこそ、「…

  2. プロフィール

    ■第3章/恩師 : 川上光正 先生との出会い

    自分探しのスタートに、「ヨガをする!」と決めた私は、幸運にも、恩師…

  3. プロフィール

    ■第6章/石の上にも3年・・・

    さて・・。チャネラー・デビューを果たした私がどのような道をたどって…

  4. プロフィール

    ■第4章/川上流スローヨガを始めて・・

    運よく私は、 “自分にとって最高の条件” で、ヨガを習えることにな…

  5. プロフィール

    ■第1章/ ヨガへの関心

    私がヨガに興味を持ったのは、20歳の頃でした。短大を卒業して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式メルマガはこちら

公式メルマガはこちら

LINE@友だち募集中!

LINE@友だち募集中!

YouTubeチャンネル!是非ご登録を^^

YouTubeチャンネル!是非ご登録を^^

セラピーサロンMiki

セラピーサロンMiki

これまでの人気記事♪

月別投稿記事

最近の記事

  1. ブログ

    東京女子会
  2. ブログ

    岩田屋の地下で買い物
  3. ブログ

    よいご縁に恵まれますよ
  4. ブログ

    「直感力」を高める要素とは?
  5. ブログ

    2ヶ月目の東京本講座で大発見!&ヨガのススメ
PAGE TOP